検索ボックス
検索語句

2008年09月24日

日本で短気的に株バブルの可能性

香港に昔ちょこっと拝んだことのある仕手の人を見かけました。
香港やロンドンでワラントやら転社なんかを引き受ける人々です。
えんま帖やらアンチキムチさんのところでは名前が通っている人たちですね。
こういう人たちは昨年くらいまで活発だったんですが、このところは検察や金融庁が厳しくなってほとぼりが冷めるのをまっていたようにお見受けします。
しかし景気悪化=企業業績悪化というのは、灰色金融にとってはチャンスなんです。業績悪化=資金調達ですから。
それから2009年1月をめどに証券電子化が進んでいます。
電子化になるといろいろ面倒らしいんです。貸し株とか株担保金融とかね。
ですからこれから駆け込み的に証券ファイナンスが増えるという話も聴いています。
麻生政権なことだしアメリカ様の都合もあり、お金ジャブジャブはさけられません。
ユダヤをはじめとする投資家は米国ドル離れでユーロもちょっと高い。中国はちょっとパスということで日本が除去法で残っちゃう。

そんなわけで一時的なんですがバブル化する可能性がある、と思う今日この頃です。
(このバイアスはずれたらごめんなさい)
posted by WOODY at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧カテゴリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。