検索ボックス
検索語句

2008年10月29日

不況はまだ続く

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
今は経済生態の変革期。
変革期とは主役が変ることです。
国や産業、主軸通貨、価値観、社会のシステム。
経済生態変化の視点でコラムをお送りしています。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 不況なんで、株の売買は不調です。というか自分で経済を見て<今が買い>っていう確信がありません。

だから新興国投資の案内は出来ません。まだ暴落の可能性がありますから。

世界の景気が浮揚するほど、米欧の金融機関の損失や不動産バブル崩壊はひどい。

だからしばらくは不況ビジネスです。

不景気といっても日本で影響を受けるのは、不動産、銀行、小売くらいです。

ITや携帯関連は今後も伸びると思います。

それから不況といえば貸金業でしょう。

昔ちょっと関わりましたが商業用貸金業は心が痛みます。借金に困った経営者とその奥さんと会うと心が痛い。

僕は何社かの経営を調べて再生プランを作る役目でお金を貸すのはオーナーでしたけど、僕ではこんなに厳しいことは出来ない、と思いました。

融資や投資の共通点は出口(取立て)をいかにうまくするか、です。

取りぱぐれのないようにエグイことがどんどんエスカレートしていく。

サラ金や街金にしても30%の利息とっても、やっぱり取立て不能が多い。これが法改正で20%以下になったらほとんど儲からないと思います。(それは社会正義のためにいいことなんだけど)。

ただそうやって法規制で大手を締めると、今度は闇金というのが出てきて、高金利で困った人を相手にする。それを取り締まるという風にいたちごっこになっちゃいます。

あんまり不景気不景気というと、心理的に悪いのですが。

このブログを読んでいる人は、ほとんど<アジア株・新興株>投資で検索していると思いますが、僕はあと1年〜2年は低迷すると思います。

それだけ状況は悪い。特にヨーロッパが悪いです。

逆に言うと下落の嵐のときに将来の有望企業へ投資すればいいんですけど。

今は辛抱のときで、あまり泡銭を追いかけない覚悟でじっくり勉強のときです。










posted by WOODY at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | アジア投資家入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。