検索ボックス
検索語句

2009年01月08日

インドのライブドアショック?

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
今は経済生態の変革期。
変革期とは主役が変ることです。
国や産業、主軸通貨、価値観、社会のシステム。
経済生態変化の視点でコラムをお送りしています。

kisikaisei.gif

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 インドのサティヤムが利益水増し、インド株急落
インド4位の情報技術(IT)アウトソーシング会社サティヤム・コンピューター・サービシズ(SATY.BO: 株価, 企業情報, レポート)は7日、過去数年間にわたって利益の水増しを行っていたと発表、ラジュ会長が辞任することを明らかにした。(ロイター)

 

インド市場は大幅下落でした。

ムンバイ市場
9,586.88
−749.05
(7.25%)


ADR上場の同社の株価も暴落
 Satyam computer(ADR)


投売り気配です。

インド版ライブドアショックを心配する向きもあります。

同社は年末から企業買収に絡みコンプライアンスを巡って混乱、株価が低迷していたようです。

新興国企業の株式全体がそうだとはいいませんが、同族ワンマン企業はこうした例が多い。

香港、タイ、インドネシア、フィリピン、台湾、韓国、そして日本でも、オーナー系企業の中にはコンプライアンスに疑問がある企業はあります。

相場にさらに水をかけるような事件ですが、こういう時期だからこそ出やすいんだと思います。

だいたい、アニュアルレポートの中の資本政策部分やIRの姿勢を見るとわかるのですが、中には上手に投資家にアピールする企業が多いので注意が必要です。







posted by WOODY at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・アジア株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112342357
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。