検索ボックス
検索語句

2009年02月16日

日本経済の行方

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
今は経済生態の変革期。
変革期とは主役が変ることです。
国や産業、主軸通貨、価値観、社会のシステム。
経済生態変化の視点でコラムをお送りしています。

新しい時代へのヒント
音声付セミナー資料発売中!
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

10─12月期実質GDPは前期比‐3.3%、年率‐12.7%=内閣府


内閣府が発表した2008年10―12月期国民所得統計1次速報によると、実質国内総生産(GDP)は前期比マイナス3.3%、年率換算マイナス12.7%となり、7―9月期の前期比マイナス0.6%に比べ、成長率は低下した。
続き


Japan Economy Shrinks 12.7%, Steepest Drop Since 1974 Oil Shock
Feb. 16 (Bloomberg) -- Japan’s economy shrank at an annual 12.7 percent pace last quarter, the most since the 1974 oil shock, as recessions in the U.S. and Europe triggered a record drop in exports.
続き

 日本の場合は輸出型製造業が外貨を稼ぐという経済構造ですから、アメリカの減速は痛い。
とりわけ自動車が底なしの様相だから。。。
電機、精密機械、半導体関連同じです。

グローバル社会となり世界はつながっているので、中国の回復、米国の復調がないと日本にお金が循環することは少ない。

別項で書きますが、そもそも「構造改革」っていうのは経済構造の改革も含むはずだったのですが、小泉総理は、とんちんかんなことに集中してしまった。
経済構造改革とは、新陳代謝を高めることのはずでした。

郵政民営化を<郵政利権化>と評されていますが、誰も異論を挟まないでしょう。

「改革」という言葉で国を食い物にしたつけが回ってきている。

政治家に天罰が下るのはいいにして、民間経済が低迷するのは困りものです。

それにしてもトヨタが信用で売られています。

トヨタ自動車 7203
3,030 前日比 -20(-0.66%)
信用買残  3,687,600株(02/06)
信用売残  7,702,000株(02/06)
 貸借倍率  0.48倍

このほかにも信用で売られている銘柄は多い。
銘柄 コード 貸借倍率

デンソー(6902) 0.18
京セラ (6971) 0.29
村田  (6981) 0.16
ダイキン(6367) 0.45
信越化学(4063) 0.73


posted by WOODY at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場変動の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114346032
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。