検索ボックス
検索語句

2009年06月29日

小泉撃沈、大混乱の幕開け

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
今は経済生態の変革期。
変革期とは主役が変ることです。
国や産業、主軸通貨、価値観、社会のシステム。
経済生態変化の視点でコラムをお送りしています。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 この先、政治、経済で日本は大混乱の時代に突入の予感がします。

 選挙:横須賀市長選 吉田氏が初当選 33歳、県内最年少 /神奈川
 任期満了に伴う横須賀市長選は28日投開票され、新人で前市議の吉田雄人氏(33)が、現職の蒲谷亮一氏(64)や新人で弁護士の呉東正彦氏(49)を破り初当選した。無所属候補の三つどもえで、再選を目指した蒲谷氏は「着実な市政運営」の実績を強調したが、現市政を批判し「市民の声を聴くまちづくり」を掲げた吉田氏が上回った。吉田氏は現役市長では県内最年少となる。投票率は45・22%(前回40・19%)。当日有権者数は34万7763人(男17万2107人、女17万5656人)。【毎日】
続き

 小泉元首相の地元でのまさかの保守推薦候補の敗退。
 元首相の地盤沈下が言われています。

 橋下大阪知事・中田横浜市長を中心とした、地方分権推進の動きもこれからの、政治体制に大きな影響を与えそう。

 少なくともあと2ヶ月以内には総選挙が来るでしょう。

 混乱期には、海千山千の寝業師が世の中を跋扈します。

 日本はこれから続く何回かの変化の大波の第一波を過ぎようとしている。それがこれから続くであろう、総選挙と、その後の主導争いです。

 まだこの混乱で、ドサクサ紛れのことも起こっています。

 日本郵政株主総会、全取締役を再任 西川社長の続投認可へ
 日本郵政は29日午前、本社で定時株主総会を開いた。同社は財務相が唯一の株主で、財務省の理財局次長が代理で出席した。西川善文社長を含め9人の取締役全員が再任する人事案が承認された。今夕に佐藤勉総務相が認可し、西川社長の続投が正式に決まる見通しだ。
【日経 http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20090629NT000Y67629062009.html】 

 日本郵政の今後については、すべてが総選挙次第でしょう。
 
 今回の再任はひっくり返ることは十分あります。

 ちなみに、日本郵政の役員陣とは次のとおり(WIKIより)

取締役兼代表執行役社長:西川善文(株式会社ゆうちょ銀行、郵便事業株式会社、郵便局株式会社社外取締役兼務)
取締役兼代表執行役副社長:高木祥吉(株式会社ゆうちょ銀行取締役兼代表執行役社長兼務)
社外取締役:牛尾治朗(ウシオ電機会長)
社外取締役:奥谷禮子(ザ・アール社長、日本アムウェイ諮問委員)
社外取締役:奥田碩(トヨタ自動車取締役相談役)
社外取締役:西岡喬(三菱重工業会長)
社外取締役:丹羽宇一郎(伊藤忠会長)
社外取締役:下河邉和彦(弁護士)
社外取締役:高橋瞳(青南監査法人代表社員

冒頭に日本は混乱期に突入したと書きました。
 これまでの政治体制、経済体制も変わっていきます。

 日本郵政のこの取締役の面々というのは、90年代半ばからの日本経済構造の中心ともいえます。

 これまでの政治体制に近い人たちだといってもいい。ここに抜けているといえばオリックスの宮内会長くらいでしょう。

 で、私の予想では、こういう人たちも吹っ飛ぶのではないか。という予感です。
posted by WOODY at 18:07| Comment(1) | TrackBack(1) | 経済生態概論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
J11+=3B!, gal.ex-navi.biz, 生チンコ最高、早くぶち込んで!, http://gal.ex-navi.biz/chijo/125.html
Posted by 生チンコ最高、早くぶち込んで! at 2011年09月28日 14:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ニュースキンの仕事
Excerpt: 最近彼女がニュースキンの仕事を友達にやらないかと進められて始め出しました。 しばらくして段ボール箱2つが送られてきました。 中身は化粧品だらけ・・・お金はかかってないのか聞くと紹介してくれた人が ..
Weblog: ネットワークビジネスに関する書籍!
Tracked: 2009-11-06 11:46

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。