検索ボックス
検索語句

2011年07月19日

イノベーションは変化を巻き起こし、顧客価値を変える

  【イノベーション講座2】
 
 <イノベーション>というと、一般には<技術革新>という風に捉える人が多いと思います。多くの方は<画期的なイノベーション>というと、発明や新商品開発という風に考える人は多い。
 たしかに画期的な技術による商品開発、これまで無理だと思われたことを技術開発によって可能にすることなどもイノベーションでしょう。
 ドラッカーは著書の中で、<イノベーションとは価値である>という風に解説しています。
 簡単に説明すると、<これまでの社会になかった、新しく生み出された価値>ということです。
 私たちの社会は日々変化しています。それは主に企業間の競争があるからです。
 顧客の奪い合いですから、顧客にとってより高い価値のあるものを企業は提供しないといけない。だから日々、新しい技術が開発され商品化されています。また新しいサービスも次々考え出されてます。
 
 価格
 使い勝手やデザイン 
 利便性
 アフターサービス

など様々な要素を向上・進化させる努力が行われています。
 そんな中にあって、優れた企業は、

 イノベーションの創造によって市場に変化を巻き起こす
 顧客の価値観を変えてしまう

ということを実現します。
そしてそれまでの競争原理、言い換えれば企業の秩序を変えてしまうのです。
 例えば古い話ですが、ソニーがウォークマンを開発、発売しました。 
 たしか、経営者の大賀さんか井深さんかどちらかが、移動中でもカセットで聞けるコンパクトな商品が欲しい、という動機で開発されたということだったと思います。
 この商品は皆さんがご存知のように大ヒットしました。
 製品化にあたって部品のコンパクト化などの技術的な課題はあったかもしれませんが、それほどの技術革新があったとは思えません。
 しかしウォークマンの大ヒットによって、若者が電車の中や移動中に音楽を聞く、という習慣が生まれた。同時に類似品も沢山出回るようになった。
 つまり顧客の生活様式を変え、コンパクトプレーヤーという市場を生み出した。新しい市場が創造されたのです。
 同様のことは昨今流行のIPODやIPADなどでも言えるでしょうう。
 先ほど私はイノベーションとは変化の中から生まれる、と書きました。
 優れたたイノベーションというものは、変化を巻き起こし市場を生み出し、競争原理まで変えてしまうのです。
posted by WOODY at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | イノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/215618678
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。