検索ボックス
検索語句

2011年07月20日

変化に敏感であり、かつ変化を肯定することがイノベーションを生み出す

【イノベーション講座3】

変化に敏感であり、かつ変化を肯定することがイノベーションを生み出す

 どんな業種・業態でもそれまで好調だったのが突然苦境に陥ることがあります。
 個別の企業でも昨年まで絶好調だったのに、今期は大赤字という事態に陥る場合もあります。
 こうした事情の背景には、

 ○顧客の価値観の変化
 ○顧客側の優先順位の変化
 ○思わぬライバルの出現による代替企業の出現
 ○法規制などの変化

などがあげられましょう。
 <思わぬ事態の変化>に遭遇して、ピンチに陥ってしまう場合が多い。
 しかしよくよくその企業を取り巻く環境をじっくり観察すると。変化の<兆し>というのはあるものです。
 また、内部に入ってコンサルティングなどをしていると、営業報告の顧客の声や、数字の中に、<変化の兆候>に気づくこともあります。
 ピンチに陥る企業の多くは、長い間の業界秩序に守られて<安定に安住>している場合が多い。
 例えば、コンビニエンスストアが世に出たときに、これほど世間に普及する業態だとは誰も思わなかった。
 危機感のある経営者は業態転換をしたり、自らコンビニエンスストアのフランチャイズに加盟しました。
 コンビニエンスストアの登場によって、街中の雑貨屋や金物屋などの多くの業種が代替された、つまり淘汰されてしまいました。
 生き残れたのは、コンビニの業態の出現によって激しい<危機感>を感じた経営者たちです。
 また十年ほど前にガソリンの小売が自由化された。それまでガソリンスタンドというのは大手石油会社のブランドの系列傘下にあり、石油会社の支援を受けていました。
 ガソリンスタンドというのは一般に生活路線といって、車の流通量が多い道路沿いにあって、立地はいい。
 何か別の業態をと考える経営者もいれば、<なんとかなるさ>と考える経営者もいました。
 結局セルフスタンドの登場や石油価格高騰など環境が激変して、ガソリンスタンドの多くはなくなり、コンビニエンスストアや郊外型ビジネスが取って代わった。
 ガソリンスタンド経営の企業が転業する場合もありましたが、廃業を余儀なくされた企業も多かった。
 優秀な企業経営者というのは、常に未来の変化をみようと自分の眼鏡を磨いているものです。
 そして変化の境目に必ずイノベーションが現れる。既存の経済生態(経済秩序)を変えるような代替ビジネスが現れる。

 凡庸な経営者はその変化を見逃します。
 勉強熱心で賢い経営者はイノベーションの波をつかもうとする。
 そして最高に優秀な経営者は変化を見て自らイノベーションを創造する

 ですから経営者というのは常に変化にアンテナを張り巡らさなくてはならない。
 
 <変化>というのは受け入れるのに時に苦痛を伴うものです。
 
 これまでの慣習を変えなければならない
 これまでの自分を否定しなければならない
 今までの常識をすてて新しい常識を受け入れなければならない

といった事情があるからです。
 例えばそれまでガソリンスタンドの社員が、コンビニエンスストア、あるいはファミリーレストランやラーメン店などの業務を行うというのは資質などもありましょうが、セロからはじめるという意味で心理的に抵抗があるでしょう。
 経営者としても、それまでの経営資源をなんとか活かしながら事業を継続すべきというのは経営の常識ですから、新しいことを始めるには躊躇するでしょう。
 もし仮に人、設備、ノウハウなどでこれまで築いた資源を利用しながら、変化に対応できるならばそれに越したことはない。
 しかし、そういう道がない場合はどうするか、変化にどう対応するのかの意思決定をするのも経営者の仕事でしょう。

 変化に対応するのに一番の方法は、実は、
 
 変化を観察して、自ら変化を巻き起こすこと

です。この変化を自ら起こすこと、がイノベーションなのです。
 しかし環境の変化すら正面から受け止めるのには、社員などの抵抗があるのが現実です。
 自ら変化を起こすというのは、それだけ難しい。 
posted by WOODY at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | イノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。