検索ボックス
検索語句

2011年08月02日

【イノベーション講座】根拠のない自信を持て

【あげまんは催眠術師?】

 幸運を招く女性のことを日本ではあげまんといいますが、中国では幸福星(シンフーシン)といいます。
 ところで、日本の私の知人でそこそこの企業を創業、経営している友達M君がいるのですが、彼は独身の時はさんざん夜遊びざんまいで、仕事はやる気なしの、いわゆる「5時から男」でした。ところがとある女性と結婚した後に、仕事の成績が急激によくなり、独立して今では立派な中小企業の社長です。

 また、香港の友人でR君というのがいるのですが、彼も結婚前はマカオやシンセンで女遊びばかり、酒は浴びるように飲むという豪快な男でした。
 彼は家柄が良く、以前からそこそこの家柄じゃないと親が結婚を許さないといっていましたが、見合いで海南島出身の女性と結婚しました。
 R君の仕事ぶりや生活は相変わらず、友人と酒を飲み、中国大陸中を仕事で駆け回るということは変わらなかったのですが、いつの間にか今では日本の上場企業の香港子会社の役員をして、中国企業との提携窓口となっています。
 彼を見ていると、結婚後明らかに仕事運が上昇しています。

 さて、M君がなんで結婚後に仕事が真面目になって独立して成功したのか?それは、彼と酒を飲んだ時に聞いた話なのですが、結婚前の女性(今の奥さん)が、常に、
 
 あなただったら、絶対成功するわ

とことあるごとにいうらしいのです。
 それでM君は<暗示>をかけられたように、仕事にせいを出すようになったということです。
 一方で香港人のR君の場合なのですが、彼は中国人だけに面子があるだけにプライベートなことはいくら酔っ払ってもいいません。
 しかし夜彼の一家と一緒に食事したときに感じたのは、完璧に<尻に敷かれている>ということです。

 その奥さんは、物静かな美人で、いかにも教育されたという感じです。香港のバスや地下鉄にいる普通のおばさんのような<喧しい>側面はありません。
 しかし、腹が座っているというか、M君や子供を含め完璧にコントロールしているのがわかります。
 M君も一応主人としてレストランでは財布を握り、注文をしているのですが、奥さんの存在感はすごくあります。
 M君について明らかに言えることは、結婚後、子供が出来てから、少しずつ、自信家になってきたということです。以前はもっと軽薄で考えが浅い男でした。

 ここから本論なのですが、今の例を上げて、

 自信を付けてくれる女性をパートナーにすべき

ということを言いたいわけではありません。

 私があえて言いたいのは、

 根拠のない自信でも、持ち続ければやがて本物の自信になり、その自信がビジョンを実現するエネルギーになる

ということです。
 先ほどに例を挙げた男性は、たまたま幸運で、自信を暗示してくれるパートナーに出会った。しかし偉いのは、パートナーがいう根拠のない暗示に素直にしたがって頑張ったことだと思うのです。

 私は臍曲りで、ちょっと駄目出しするくらいの個性のある女性の方が好きになる方なので、こういう暗示には乗らないかもしれません。

 志=ビジョンの強化としての暗示は、

 自己暗示

が一番だと思います。
 根拠のない自信、自己暗示、壮大なビジョンなんて実現するはずはないと思う人は多いと思います。
 しかし多くの成功した経営者は、誰も見向きもしない創業当時から燃えるような、

 ビジョン=壮大な根拠のない自信

を持っていたはすです。ソフトバンクの孫社長、ビルゲイツやスティーブジョブスの評伝などを読んでも、彼らがどこの馬の骨時代から根拠のない自信を持っていたのがわかると思います。
 ですから、イノベーションを創造する、自社が世界一になりたい、と思う経営者は誰に笑われようと、

 根拠のない自信

を持ち続けるべきです。
 ただし、それを持っていても、酔っ払って夜の酒の肴で終わらせてはなりません。
 根拠のない自信、ビジョンを真のものにするためには、

 真剣に取り組む
 足りない点を補う努力をする

必要があります。
 富士山を登るにも、誰も最初はゼロメートルから始まり、長い道のりを経て頂上にたどることが出来ます。
 
 根拠ない自信は、努力で本物になることが出来るのです。

 人間というものは、<駄目>だと思うと出来ないものです。
 先日、日本のラジオを聞いていたら、こんな著者が出演していました。



 受験の勉強法や速読法についての本なのですが、一分間勉強法とは、

 一秒に一つの単語を覚える訓練を一分間続ける

というコンセプトのようです。
 実は私も大学時代、英語が全くダメだったのですが、「奇跡の英単語」というシリーズがありました。この方法もストップウォッチで単語を一語コンマ数秒で記憶するというものでした。


 たった数ヶ月で必須英単語は全部頭に入りました。
 
 人間の潜在能力というものは恐ろしいもので、出来ると思えば出来ちゃうのです。

 イノベーション(革新)や新規事業、海外進出、出来ると暗示すれば出来るのです。
posted by WOODY at 19:02| Comment(1) | TrackBack(0) | イノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
参考になりました。
ありがとうございます。
Posted by セシル at 2011年08月09日 11:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/217997930
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。