検索ボックス
検索語句

2011年09月07日

兆と幾〜海外進出加速

【未来への兆】兆と幾は未来へのヒントのコラムです

富山の金型組合が海外集団進出…円高・受注減で(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110903-OYT1T00754.htm

台湾に日本企業用団地…通訳用意・手続き簡素化
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110905-OYT1T01130.htm

という訳で、円高もあり急速に企業の海外への移転の動きが強まっています。

特に台湾は昨年法人税率を17%に下げています。(日本は約40%、中国は25)

 中国でのそれぞれの都市が主体となって、日本企業誘致を行なっています。
 
 多くの工場団地は、

 経理などバックオフィス機能のサポート
 従業員寮、食堂の提供
 登記など各種届出派出事務所の設置


など煩雑な雑務のサポートもしてくれます。

 円高、景気の先行き不透明、大企業の海外進出の加速、などで中小企業もおちおちしてられません。

 中国、台湾、インドネシア、ベトナム、タイなどが現在多くの企業が検討している国のようです。

 また、ちょっと先行投資したい人は、ミャンマー、カンボジア、ラオスなどに目を付けているようです。

 確かに海外は色々なリスクもあるし、言葉や習慣の違いによるハードル(障害)のあります。

 しかしそういうことを乗り越えて、前に進まなければ未来はないのではないでしょうか。

 
 
 

 
posted by WOODY at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 兆と幾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/224887904
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。