検索ボックス
検索語句

2005年08月06日

情報がないからチャンスがある

 SPAや月刊宝島で掲載されていらい、メーマガジンやBLOGを見に来る人が増えました。
 同時にツアーへの問い合わせも増えています。
 ただこのBLOGを読んでいる方にとってはありがたいことに、まだ圧倒的に少数です。
 昨年の春先から中国株ブームが到来しました。
 私も3冊くらい書籍を書きました。
 宝島社は、中国株関連だけで数百万部の書籍を売りさばきました。
 ただ残念なことに、昨年の中国株ブームで1月から3月くらいに投資した人は夏には地獄をみました。
 大幅に株価が下げたのです。
 だいたい6月頃が底です。
 中国株ブームはその後、急速に低下します。加えて中国で反日運動がさかんになり、日本人の投資意欲をそぎました。
 現状の日本から中国(香港市場)への投資は、買いより売りが優勢のようです。
 そうこうしているうちに、また香港市場は上昇に転じています。
 私が良く言うように「上げてあわてて買って、下げてあわてて売る」という日本人の投資パターンです。
 中国株については、はっきりいって安易に儲けそうなことを、書き手が書きすぎたのだと思います。
 私の書籍「中国大化け株 パル出版」では、中国市場について結構シビアなことを書いています。事実いくつかの懸念があったってしまいました。
 とにかく情報が多すぎる、とくに企業が発信するレアな情報でなくて第三者が加工した情報が多すぎる、市場に多くの資金が集まるということは、それだけ儲けのチャンスは少なくなるのです。
 人の行く裏に道あり、というのは、人が気がつかない時に投資すべき、ということです。
 アジア株についていえば、現状では日本から投資は出来ません。
 情報もありません。
 日本語でなくほとんどが英語です。
 投資をしようにも、唯一の方法は香港の証券会社で口座開設をすることです。
 アジア通貨の長期的な上昇や、アジアの経済成長を考えると投資はものすごいチャンスなんですけど、まだ、「誰も気がつかない」隙間に等しいと思います。
 ですから、資金に余裕がある人は、香港で口座を開設することをお勧めします。
 英語に自信があったり、香港に友達がある人は一人で行って開設してみるのも手です。
 英語が不安、色々フォローして欲しい、情報なんかも欲しい人は私のツアーに参加してください。
 今回のツアーでは盛り上がって、すぐにOBのメーリングリストを作成しました。
 OBや初心者を招いての勉強会も9月の初旬に開催を企画してます。
 とにかく希望者、興味ある人はこちらでメールを下さい。
 ただお金に余裕のない人は、じっくりお金を蓄えてもまだまだチャンスがあります。
 シンガポール、タイ、インドネシア、フィリピン、マレーシア、将来的にはベトナム、
それから中国と、選択肢がたくさんあります。
 その時の情勢によってチャンスがいくらでもあるのです。
 ただ口座を開く、という一歩がなければ何もすすまないんです。
posted by WOODY at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5671734
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。