検索ボックス
検索語句

2007年11月08日

何回目からの世界同時株安!

『香港ポートフォリオサービス』
資料請求はこちら

 今日の香港市場は世界市場と同様下げっぱなし。
 今年は一体何回<世界同時株安>が起こるのでしょうか?
28760.22(+958.71)
です。

 下げ幅%で並べると
0386シノペック 10.42 −8.1%
0883海洋石油  13.94 −6.9
0012恒基地産  67.35 −6.3
0019大古    99.7  −5.5
0493利豊    33.3  −5.1

です。
いずれにしてもかねてから書いている通り、最近の香港市場は上下のアップダウンがきつくなっています。

スタンダードチャータード銀行2888
274.40 (−3.453)
などはその最たる例でしょう。
今日は10%近くさげていますが、この会社は11月1日に298と300ドル台目前まで爆上げしていました。
香港株というよりアジア株全体が今後どうなっていくのか、おそらく誰もが、はっきりとした方向性が見出せないでしょう。

私自身も<上がるんじゃないかな>とは思っています。
しかし投資で一番禁物なのは、
<上がって欲しい>
を考えることなのです。
甘い見込みに基づく予測ほど、頓珍漢な答えを生み出します。
ですから冷静に考えなおすことにします。
 
はっきりいえることは、香港市場に資金量が増えていること。その分上下に大きく動く傾向があるということです。
H株主導だったのが、現在は少し変わってきて香港の不動産などの銘柄へ売買が集まっています。

アメリカから資金が避難しているはずなのですが、その資金が一体どこへ向かうのか?
これを考えるのがこの先2,3ヶ月の投資戦略の重要なテーマだと思います。
スタチャンのチャート



荒井裕之の資産運用無料セミナー<香港>
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P16429449
posted by WOODY at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・アジア株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。