検索ボックス
検索語句

2005年11月14日

社会を作るという意味での投資家責任

 このところ株式投資が身近になって個人投資家が増えています。
 株価は上昇、景気も少し上向き。
 だけどどうも気になることがあります。
 どうにもお金についての考え方が、間違っているではないかという気がしてなりません。
 投資コンサルタントというのはお金儲けの情報について詳しくなければなりません。
 だからといって、お金儲けの結果だけが全てと考えていいのでしょうか。
 やはり投資には哲学というもの理念というののが必要です。

 最近というかもうこの数年なのだが、どうにもやりきれない悲惨な事件が多ですね。

少年が片思いの末に相手を殺す。
子供が親を殺害する。
簡単に人を殺す、切れやすい人が増えています。

私は電車通勤というものはしませんが、たまに電車に乗るとその殺伐とした雰囲気に緊張してしまうことがあります。

それだけ社会がストレスに満ち溢れているのでしょう。
一人ひとりは普通の人なのです。会うとみんな一生懸命仕事をしているし、それなりに自分の人生を考えている。

子供というものは社会の鏡です。

 不自然な社会構造がそのまま子供を精神的に直撃する。

今のニートの問題にしても引きこもりの問題にしても、直接の原因はその子たちの弱さなのかもしれないけど、背景には社会が大きく影響していると思います。

社会の何が問題か。
まず第一に孤独な社会になりつつあるということ。
そして次にモラルや倫理観の欠如が大きいと思います。

例えばお金儲けをする、事業家として立派な会社を経営する、それ自体は立派なことです。
けれども、その背景には自分たちが属している社会があるということを考えないといけないと思います。
社会があって初めて自由にビジネスが出来る。いろんな縁の下の力持ちがいて、周りの支援がって表舞台に立てる。
『個の時代』という言葉がキーワードになりましたが、個性は大切だけど、社会はみんなでつくってちいるということを忘れたら個じゃなくて『我の時代』です。行き着く先は孤独しかありません。
自由に競争して勝ったものが全て正しい、あるいは規則に違反しなきければ何をやってもいい、という世界ならば、殺伐として誰も助け合わない世界です。
動物ですら余計な殺生はしないのです。動物は野生の世界で一つの調和された生態系をもっています。

教育界や政治の世界でも子供への倫理やモラル教育の重要性をいう人がいます。
しかし彼らのいうモラルは「人間として当たり前の決まり」を教えることだという。単なる正しい、悪いです。
正しい、悪いの基本を教えることは大切だけれども、もっとも重要なことは社会そのもの、自分たちのあり方を深く考えて直していくことだと思います。つまり大人が変わらなければ子供は変わらない。
『勝者であるが故に弱いものをいたわる』そういう人間を尊敬するような価値観を社会は持つべきなのです。
ただ単に金儲けが上手、立派な会社の経営者だけじゃまだ2流という考えを社会全体が持てば、変わります。

私の仕事は投資コンサルタントと企業コンサルタントです。
色々な経営者や投資家の方に会います。

経営者についていえばつくづく、底が浅い経営者が多くなったと感じています。
事業のは語るけど、社会を語る人が少ない。
儲けは自慢するけど社員に誇りをもっている人は少ない。(あるいはそれだけの高い理想を自身と社員に求めていない)
むしろ新興の上場企業の社長がひどい。
田舎の中小企業の社長の方が人情があって理想が高い場合が多い。

投資家のお客様についても、私はアジア投資の理想をはっきりと申し上げています。

アジアへの投資を通じて自分もアジアの国々も豊かさを共有する

株主は企業の所有者です。だから有能で良い企業理念、企業戦略の国や企業へ投資すれば、その企業のためになります。
そういう価値観を経営者が持つようになります。
投資家も実は責任があるのです。社会的価値観を形作るという責任が。
日本でこうした信念で投資している方に竹田和平さんという人がいます。
アジアでもやみくもに儲けを求めて、結果的に収益だけ上げる企業が優秀だという価値観になるとその企業や社会は構造的におかしくなってしまいます。だから長期的には損をするだけです。
投資家の自分なりの理念を持つべきです。
現代の日本は、お金というものの価値を少し間違えています。
お金は大切、だけどもっと大切なものもあります。
お金がいくらあっても心の隙間は埋まりません。
日本はどんどん孤独な社会になっていきます。
posted by WOODY at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧カテゴリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。