検索ボックス
検索語句

2008年05月22日

香港IPO株の検証

<非居住者>にやさしい香港で資産つくり!『香港ポートフォリオサービス』
資料請求はこちら「資産家のための香港案内」進呈中

 今日の証券市場はアメリカダウの下落で、大きく下落。
世界は不安心理の中にいます。
ハンセン指数は、24850まで下げましたが、最後に戻して終了。

25043.12
 −417.17

でした。
 悲観的な雰囲気が漂っていますが、そういう中にもじっと風やギャップを見ればチャンスがあります。
今年の香港の予定されていたIPOの多くが延期されています。
投資家も下落市場の中で弱気です。
例えば台湾のアジアセメントのスピンオフであるアジアセメント(チャイナ)0743は、公開予定価格4.85〜4.95の中で、4.95HKDと底辺での値決めです。(申し込み期間5月5日〜5月8日)
公開日は5月20日。
この企業の主力工場は四川にあり、工場も打撃を受けた。しかし復興によって多くのセメントの出荷が予想されて、公開日の終わり値は6.83と30%近く上昇しました。その後利益確定売りで下げましたが、今日の下落市場でも上昇して、終わり値は7.05
時価総額は100億香港ドルといわゆる小型株です。

 香港の昨年からのIPO企業は概ね大幅な値下がりです。

アリババ(1688)は、公開価格こそ13.55でしたが、超人気で初日の終わり値は39.5HKD。好決算に関わらず売られ続けています。
今日の終わり値は14.64。
中国最大の鉄道建設の一つ中国中鉄(390)は、5.78の公募価格に対して、7.36の終わり値。しかしその後一ヶ月で12ドルまで上昇したもののずっと下落です。
今日は7.25です。

公募割れをしている優良企業を買うのもいいアイディアかも知れません。
東亜証券のサイト
 
posted by WOODY at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・アジア株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/97589303
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。